保育士の仕事

保育士求人市場から見た≪こども園≫制度

こども園

2015年4月にスタートした制度があります。
それは「子ども・子育て支援新制度」です。転職・転園に際して、保育士の求人を選ぶ際の基準にするために、知っておきたい事があります。

この中で、最も重要とされているのは、幼稚園と保育園の機能を併せ持った「認定こども園」です。

色々と課題はあるものの、施設数も急激に増え、利用者も多くいます。
この認定こども園、保育士でも働くことができるのでしょうか?

今回は、今さら他の人には聞けない、こども園の仕組みについて詳しくご紹介しましょう。

■認定こども園ってどんなところ?

認定こども園とは、幼稚園と保育園の機能が合体した施設です。
教育と保育を同時に行うことができます。

共働き世帯の増加により、ニーズが多様化し、そのニーズに合わせた施設となっているんです。
認定こども園の特徴は

・保護者が働いていなくても利用できる
・保育と教育の両方が受けられる
・0~5歳まで幅広く対応できる
・4時間利用も、長時間利用も対応している
・地域の子育ての支援もできる

といったところです。
幼稚園に通うには年齢制限がありましたが、乳児でも通うことができるようになっています。

休職中なら利用が難しかった保育園も、利用できるようになり、集団生活を送ることができるといった施設なんです。

こども園

こども園


■保育士の資格だけでは働けない?

認定こども園は、幼稚園と保育園が合体した施設です。
そのため、両方の業務を兼ね備えます。

そうなると、片方の資格では働くことができないのでしょうか?

規定では

・0~2歳児・・・保育士の資格保有者
・3~5歳児・・・保育士、幼稚園教諭、両方の資格を持っているのが望ましい

となっています。
もし、こども園に就職を検討しているのなら、両方の資格を持っているのがいいでしょう。

しかし、学級担任は、午前中(4時間)は幼稚園教諭免許を持つ人が、午後から(長時間)は保育士資格を持つ人が原則担当するとなっています。

■保育園が移行したら、職を失うの?

あなたの勤務している保育園が認定こども園として移行することになったとします。
そうすると、あなたの立場はどうなるのでしょうか?

学校などによっては幼稚園教諭も、保育士も両方の資格を取れるところもあります。
しかし片方だけ、という場合もあります。

もし、あなたが保育士の資格のみだった時、もう働けないのか?というと、そうではありません。

国の指針では、片方の資格しか保有していなくても、排除しないようにという配慮があります。
すぐにすぐ、働けなくなるということはありません。

しかし、将来的には幼稚園教諭の免許も取って下さいね、とお願いされるかもしれませんね。

保育園によっては、現職をやりながら、資格取得の支援を行ってくれる保育園もあります。そうすれば、退職や資格取得のためのお休みなどがなく、保育園にとっても保育士さんにとってもうれしいですよね。
こういった保育士の情報サイトにそんな理解ある保育園の募集情報がたくさん載っていますので、是非チェックしてみてください。←クリックすると江戸川区のページに飛びますが、関東も地方も、幅広くやってらっしゃるようです。

■未取得の資格は「特例制度」で取得できます

現在保育士・幼稚園教諭、どちらかの資格しか持っていない時、特定の条件を満たせばもう1つの資格も取得することができます。
それは負担も少なく、取りやすくなっています。

まず、保育士の資格を取りたい時は、幼稚園教諭として3年以上、または4320時間以上の実務経験がある人は利用できます。

次に幼稚園教諭です。
幼稚園教諭には二種類あります。

第一種幼稚園教諭の免許が欲しい時は、学士(大学卒業)を持っていて、保育士として3年以上、または4320時間以上の実務経験がある人です。
第二種幼稚園教諭の免許は、高等学校を卒業していて、保育士として3年以上、または4320時間以上の実務経験がある人です。

実務経験は一日6時間、週5日以上なら3年で満たすことができます。
個々の施設によって、特例制度が利用できるか違いますので、迷った時は問い合わせてみましょう。

保育士が遭遇する園児同士のけんか(喧嘩)

園児の喧嘩

子どものけんかが始まると、すぐにでも「止めなくては!」と思っていませんか?
確かにクラスの子どもがけんかをしていると、怪我やトラブルに発展してしまいがちです。

でも、保育士が全部のけんかをとめているとどうなるでしょうか?
子どもたちはいつまで経っても、子ども同士のコミュニケーションの取り方を学ぶことができません。

そこで、保育士がとめないほうがいいけんかというのをご紹介しましょう。

■保育士は基本的にけんかはとめない!

子どもはけんかをするものです。
自分の気持ちを表現するのですから、衝突は当然のことです。

例えば、おもちゃの取り合いであったり、順番待ちなどであったりします。

全ての子どもたちのけんかを止めることは、保育士としてはやってはいけないことなんです。
子どもたちはけんかの中で、社会性や人間関係を学びます。

いつまでもワガママばかり言っている子どもはそのうち、誰からも遊びに誘われなくなってしまいますよね。
これも1つの経験です。

1人になってしまった時に、フォローをするのは保育士として当然の行為です。
でも1人になってしまう前に予防策ばかりするのは保育士としてあまり褒められた行為ではありません。

子どもたちの力を信用して、見守るというのも、保育士にとっては必要なことなんです。

園児の喧嘩

園児の喧嘩


■子どもたちが言いつけにくるのは、あなたの責任

何をやっていても、「先生~〇〇ちゃんが△△した!」と言いつけてくる子どもがいますよね。
これは、保育士という存在にトラブルを解決してもらおう、という気持ちの現れです。

あなたのクラスの子どもたちは、こうやって言いつけにくる子どもばかりではありませんか?

もし、そうだとしたらそれはあなたの責任でもあります。
いつも、子ども同士のけんかやトラブルの仲裁をあなたがしてしまった結果、子どもたちは保育士に言えば相手が叱られるということを知っているのです。

止めたい気持ちを我慢して、子ども同士で解決できるように突き放すことも必要です。

■見守ってはいけないけんかは?

もちろん、全てのけんかを見守れと言っているのではありません。
相手に危害を加える場合はすぐにでも、止めましょう。

たたいたり、引っかいたりすることは、決して許されない行為であるというのを伝えましょう。

そして、もう1つ見守っているだけではいけない場合があります。
それは、いつまで経っても話が平行線の時です。

「貸して」「嫌だ」という言葉の応酬で、全く話が前に進まない場合、あなたの助言が必要になってくるでしょう。
解決策の例を伝えることで、子どもたちはその方法を学び、次からそうしよう、ということになるんですよ。

これは、積み重ねが必要です。
一朝一夕でできることではありません。

最初のうちは辛抱しながら、あなたの助言が花開く瞬間を待ちましょう。
参考にしたサイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

■子どもがけんかを解決できるようにしましょう

大人が口を出してけんかをやめさせることはとても簡単です。
でも、そうなると、必ずどこかに不満が残ります。

子どもたちが自分たちで解決できたというのは、達成感にも繋がります。
そして両方に満足感を抱かせることにもなります。

けんかを見守る力。
それに合わせて、どこで介入するのか?という力をつけることが保育士には必要です。

保育士が遭遇する園児のけが^^;ケガ!怪我(。。)

けがをする園児

保育士として一番気をつけないといけないこと、それは子どもの安全です。

どの保護者にとっても大切な子どもを預かっていますので、安全を第一に考えるのは保育士として責務です。
しかし、子どもはどれだけ気をつけていたとしても、怪我やトラブルは起きやすいものです。

けがをさせないように!と気をつけていても、してしまうんです。
その時、あなたはどういった対応をしていますか?

ケガをさせたことよりも、その後の対応によって保護者からの信頼も失わずにすみますよ。

■保護者が安心するような説明を

どんなに気をつけていても、怪我をさせてしまった時、あなたはまず保護者にどう説明していますか?
保育士として自分に非があったのかどうか、というのを一番に説明すると思います。

とにかく、保護者は自分の子どもがどうしてけがをしてしまったのか、という状況を説明して欲しいのです。
保育士が目を離していたのか?
危険な個所が園内になかったのか?

そう言ったところを気にしています。
なので、保護者が気になる所を説明しておくことが必要になります。

その上で、一言、謝るというのが一番いいでしょう。
子どもを預かっている以上、どんな場合でもケガをさせたのはあなたにも責任があります。

けがをする園児

けがをする園児


■一番いけないのは、勝手な自己判断

子どもに毎日囲まれている生活というのは、色んな考え方を麻痺させることがあります。
ケガについても、その1つではないでしょうか?

あなたは、少しの傷なら子どもは仕方のないこともあるし、と考えていたとします。
しかし、全ての保護者が同じ考えでしょうか?

そうではありませんよね。
色んな保護者がいるように、色んな考え方があります。

少しの怪我でも、伝えてほしいという人もいます。
なのに、あなたが勝手な自己判断で、このくらいのけがなら報告しなくてもいいだろう、とすると、保護者の信頼を失うことに繋がります。

とにかく、どうしてけがをしたのか?
そこでどういう対処をしたのか?というのを保護者に納得してもらえるよう、説明しましょう。
参考にしたサイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ  / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

■面倒なことですが

けがの報告というのは、面倒なことですよね。
コミュニケーションのうまくいっていない保護者に報告をする時は、気が滅入ることもあります。

だからといって報告しないでいるとどうなるでしょうか?

きっと保護者はあなたへの不信感をあらわにしてくることでしょう。
保育士にとって一番大切なことは、保護者が安心して子どもを預けたいと思って貰うことです。

ぜひ、コミュニケーションをしっかりとって、保護者の信頼を勝ち取っていきましょう。

保護者との関係が円満になることで、驚くほどスムーズにクラス運営をすることができますよ。
普段から何気ない日常も、保護者に伝えるようにして良好な関係を築いていきましょう。

かわいいお洒落と程遠い保育士だって、カワイイと言われたい

かわいい保育士さん

保育士さんってなかなかおしゃれを楽しめない職業ですよね。
機能性を尊重するので、ジャージにエプロンが基本です。

髪型も邪魔にならないよう、1つに束ねている人が多いです。

でも、保育士だってカワイイ!って言われたい!
ということで、どうやれば、保護者や子どもから、「かわいいね」と言われるかその方法をご紹介します。

■工夫すれば、カワイイ、は溢れてます

いつも同じ服装で出勤するというのは、張り合いのないものです。
更衣室が完備されていればそこで、着替えもできますので、出勤までは好きな服で過ごせます。

しかし更衣室がない時は、エプロンなどをつけ替えることはできますが、それ以上はあまりできませんよね。

かわいい髪型をしていても、保育をしていれば乱れても来ます。
カワイイ服を着ていても、トラブルで汚してしまうかもしれません。

そこで、保育士さんがカワイイ工夫をするのは、実は靴下!って人も少なくはないんですよ。

かわいい保育士さん

かわいい保育士さん


■靴下は個性が出ます

保育園の中ではシューズを履いてますし、外遊びをする時は靴をはきます。
なので、意外に知られていないのが靴下の存在なんです。

ここでは、少しぐらい派手な靴下をつけていても、そこまで注意されることはありません。
ほとんどが隠れてしまいますから。

靴を履き替える時か、トイレに行く時ぐらいが靴下が見える瞬間になります。

なので、ここで少しぐらいおしゃれな靴下をはいたって大丈夫ですよ、ってことなんですね。
子どもは保育士さんのことをよく見ています。

自分では気づいて貰えないだろうな、と思っている靴下も、チェックしていますよ。
後で、「先生、あの時の靴下、かわいいね」などと言われるかもしれません。

女の子であれば特にその傾向も強くなりますね。

■キャラクターものもいいけれど

カワイイ靴下を選ぶのは何を基準にしますか?
動物やキャラクターがついているものを履いていると、子どもからは予想以上の反応を貰うことができます。

新人さんの時には、これがとっかかりとなって子どもたちと親密になることもできます。
そこで、更に一工夫加えて、5本指ソックスなんかにしてみてはいかがでしょうか?

最近の5本指靴下は色んな物があります。
例えば、指に「お父さん」や「お母さん」など、顔のイラストがついているものもあります。

昔話をモチーフにした5本指ソックスで指人形のように使えるものもあります。
器用な人じゃないと、足をつってしまうこともありますので、気をつけてくださいね。

こんな風に、他の人があまりはいてないような靴下をはいていると子どもから「かわいい!!」と言われるようになります。
参考にしたサイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

■あまりにも安いものは

靴下も保育士さんにとっては消耗品です。
すぐにすりへって、薄くなり穴があきます。

保育士さんで特に気をつけたいのは、足の底の部分です。
フローリングの保育園なら、ここがすり減るんです。

特に、0歳児のクラスになると、シューズを脱いで過ごすことも多いでしょうから、余計に消耗します。
そこで、安いものを買うとどうなるでしょうか?

あまりにも、安い靴下を買うと、生地自体が薄く、すぐに破けてしまうことになります。
フローリングでも、滑りやすくなっているので、注意が必要です。

赤ちゃんを抱っこする機会がある人は、あまりにも安い靴下は履かない方が余計なトラブルを増やしませんよ。

業務経験を積んで、保育士が園長・施設長の求人に合格するには?

保育園の園長先生

待機児童の問題が声高に叫ばれています。
今、新規に事業を始めるのなら、保育所を経営しよう、と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、保育園を始めるとなると、一体何から始めればいいのでしょう?
園長や、施設長になるには何か資格が必要なんでしょうか?

今回は、園長や施設長になるには、について詳しくご紹介します。

■園長や施設長になるには、保育士資格が必要?

保育園は、認可保育園を作るか、認可外保育園を作るかで、大きく方法が変わってきます。
認可保育園になると、決められた要項をすべて満たしておかなければいけません。

例えば、施設の大きさやそれに対しての、人数。
職員の配置。

更には園庭の有無まで結構、細かく決められているんです。

しかし、保育園の園長先生や施設長については、法律で決められているものありません。
言ってみれば誰でも園長や施設長になれるということなんです。

もちろん、経験がなければ、保育園の園長や施設長をするのは難しくなります。
経営方針も、一般企業とは全く違うところもあります。

しかし、園長になりたいから、といって保育士の資格を取る必要はないんです。

保育園の園長先生

保育園の園長先生


■園長や施設長の仕事はどんなこと?

もちろん、保育士経験がある人が園長や施設長になっているのは、有利な点が多いです。
しかし、経験があるからといって、全て勤まる、というわけではないんです。

園長や施設長の仕事というのは多岐にわたります。
ほとんどは施設の管理運営になります。

この中には、保育園の園児のこと、保護者のこと、保育士のこと、その他職員のことになります。
保育だけでなく、給食から施設設備、労務管理、会計事務、行政とのかかわり、地域との連携などです。

これらの業務をこなすには、保育士の専門知識だけでは役に立たないのです。

しかし、保護者の意見を聞くと、保育園の園長先生はやはり認識のある人で、保育士の資格を持っていてほしいという人が多いんです。
そのほうが、保護者も安心できるからでしょうね。
参考にしたサイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ  / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

■園長や施設長の求人はどこから?

認可保育園で一定以上の経験年数があれば、園長職というのは決して遠い存在ではありません。
新しい保育園が毎年必ず開園していますし、退職などの理由により園長の職があいてしまうこともあります。

しかし、求人はなかなか見かけませんよね。

園長や施設長の求人というのは、一般的に非公開なことが多いんです。
求人の一番多い時期は、3、4月で人が一番動く時期となっています。

園長職に就くときの一番のポイントは、経験年数などではなく、園長としてこれから園児にこんな風にかかわっていきたい、という志なんです。
園長としての目標を掲げて、応募することが採用への一歩かもしれませんね。