オシャレ心を大切にした服装で憧れの保育士に

ドレス

保育士の服装は、保育園によっても違うと思いますが、基本は動きやすさと、汚れてもいいようなものと考えて、ジャージなどのパンツ類とエプロンが多いでしょう。
保育園よっては、化粧から髪型までこと細かく決められているところもありますが、基本を押さえていれば、後は自由という園が多いかと思います。
華美な服装はもちろん厳禁ですが、プロの保育士という自覚の範疇でちょっとしたオシャレ心を大切にして服装を選んでみましょう。

◆子供に与える保育士の影響

ご自分の保育園の時のことを思い出してみましょう。なんとなくいい香りのする保育士、編み上げた髪型が素敵だった保育士、エプロンの下のブラウスの花柄が可愛かった保育士に魅かれた経験はありませんか。
子どもはいつも笑顔で自分に目を向けてくれる保育士が大好きで、その保育士の言葉やしぐさまで真似て驚かされることがあります。当然身につけている物からも影響を受けているのです。
真っ白な色や形のない部屋で乳幼児期を育てられると、色の感覚や形の認識が育たず、知能まで遅れる傾向があると言います。環境から吸収していく時期には、さまざまな色や形で刺激を与えることが必要です。ドレス

◆子どもの色彩感覚

乳児期は、薄いピンクやクリーム色など優しい柔らかい色のパステルカラーを好みます。黒やグレーは不安感や威圧感を与えますから、乳児保育の保育士は優しい色合いの服装がふさわしいです。
幼児期は、鮮やかなはっきりとした綺麗な色を好むようになります。幼児用の玩具を見ても赤や黄色、ピンクや青など原色を組み合わせた物が多いですね。玩具のようなカラフルな服装とまでいかなくても、モノトーンの色合いよりは明るい鮮やかな色の服装が望ましいように思います。

◆清潔さときちんとした身だしなみを

エプロンは保育園規定の物をつけていても、中に着るものは自由という園がほとんどかと思います。
動きやすさを考えるとブラウスやトレーナーにジャージやチノパン、夏にはTシャツに短パンという服装になりますね。いくら動きやすくても上下のスゥエットは、部屋着ですから保育士の仕事着にはふさわしいとは言えません。だらしなく見えたり、不潔に感じられる物には、子どもは敏感に感じ取ってしまいます。清潔さときちんとした身だしなみを心がけましょう。
中に着るブラウスやトレーナーを花柄やシャレた模様にしてみたり、下にはくジャージやチノパンと色を合わせてみると、年長の女の子たちから「いつも素敵なセンセイ」と憧れの眼差しを向けられるかも知れません。

◆保育士の髪型 結わえるならシュシュで

保育士の髪型はボーイッシュな短い髪か、長い髪なら邪魔にならないように結わえておくのが基本です。
オシャレが苦にならないなら、結わえてお団子にしたり編み上げておくのも素敵です。ポニーテールは年中年長保育士には良いのですが、子どもを負ぶうことのある乳児保育士には向きません。両側に結えたり編む方がいいでしょう。
ビーズやキラキラのついた輪ゴムなどは、落ちた時に子供の口に入ることを考えると、布製のシュシュが望ましいです。シュシュの色も数種類を用意して、トレーナーやブラウスに合わせてみるのも素敵かと思います。年中年長の女の子は必ず目を止めて髪に触れたがったりしますよね。
参考にしたサイト:保育士転職  / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

まとめ

動きやすい恰好、アクセサリーは厳禁となると、保育士の服装は限られてしまいます。
でもちょっとしたオシャレ心と工夫で、自分の個性を出して綺麗でいることは可能です。
服装によってテンションは驚くほど上がるもの、生き生きと仕事をして、いつまでも子どもの憧れの保育士でいたいですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*