女社会で戦う保育士の処世術×7つ(薄く付き合うための求人さがしって?)

悪口をいうひと

保育の現場で、いわれのない批判や陰口を経験したことのある人は多いのではないでしょうか?
特に女社会では多い批判や陰口。
そんな陰口を上手に受け流して、ストレスを発散させるいくつかの方法を紹介します。

・常に求人探しをして、職場をなるべく移る

求人市場が過熱している事を上手に利用して、女性同士の付き合いをなるべく薄くする、という対策法です。

付き合いが深くなる前に、距離感が一年を通してつかみにくい女性同士のどろどろを避けるために、少しでもトラブルが起きたらすぐに転職するという裏技も

2016年の今なら期間限定で通用します。どんな保育園も、今は人手不足で困っているからです。

 

・気になってしまう批判や陰口

毎日のことだから、自分が職場でどう思われているのか気になってしまいます。
良い評価なら励みになるので良いのですが、いわれのない批判や陰口だとどうしようもありません。
対処法としては、人の価値観はそれぞれ。陰口を言う人は必ずいるので、気にせずに受け流すことです。

・繰り返し考えない

他人から悪く言われた時、何度も思い出して考えていませんか?
思い出すことで何度も気持ちや記憶が新しく上書きされます。
早く忘れるためには、他のことに集中して「考えない時間」を作ることが大切です。
何度も繰り返し考えることは、やめましょう。

悪口をいうひと

・反論しない

人から非難されたり、陰口を言われると反論して、相手に訂正してほしくなります。
しかし、反論しようとすることで、相手の意見を受け入れてしまうことになり、さらにイライラしてしまう結果に。
考え方を改めさせようとせずに、陰口は気にせずに忘れてしまうことが一番です。

 

・客観的に考えてみる

少し冷静さを取り戻した頃に、客観的に考えてみましょう。
自分にいけないところがあったのか、努力で改善できそうなことか考えてみます。
もし解決できそうだったなら、自分が気をつけて変われば陰口もなくなります。
自分ではどうしようもないことだったなら、やはり忘れるしかありません。

 

・陰口を言う人は、かわいそう?

なぜ、陰口を言うのか?
それは、ねたみが大きく関係しているといわれています。
陰口を言う人は、あなたにできることが自分にはできずに劣等感を抱いているのです。
そう考えると陰口を言っている人が、少しかわいそうに思えて、自分の気持ちも幾分か楽になります。

 

・評価してくれる人もいる

悪いことばかり、気になってしまうと思いますが、あなたのことを評価し、好いてくれている人もいます。
世の中のすべての人から好かれることはできないのです。
悪いことばかり気にするのではなく、良い評価にも目を向けましょう。

・自分で自分をほめる

自分のことをちゃんと評価してあげないと、まわりに振り回されてしまいます。
まずは自分の良い所をみつけてみましょう。
自分で自分のことを認めてあげることで、他人の言葉に振り回されない芯をもつことができます。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*